当サイトへの訪問 ありがとうございます。 少しでもお役にたてたら嬉しいです。(^_-)-☆

野菜の保存は難しい?

野菜の保存は難しい?
 
冷蔵庫で野菜を保存するのって意外と難しいものです。
葉物はしなびてしまうし、野菜の旨味は減ってしまうしで…
 
そこで、野菜の保存には何が必要なのか考えてみましょう。
 
野菜を長持ちさせるのに必要なのは、安定した低温と湿度。
 
そこで目をつけたのが、東芝冷蔵庫”ベジータ”です。
 
「湿度約100%のうるおい冷気を実現しているのは
今のところ(2013年6月現在)東芝だけですね。」
東芝冷蔵庫”ベジータ”は、野菜室の湿度を95%以上に保つことができるのです。
 
何かと捨ててしまうことの多い野菜ですが、東芝冷蔵庫”ベジータ”なら、
捨てる部分がグッと減ること間違いなしです。
 

◆東芝冷蔵庫”ベジータ”が、野菜を長く保存できる理由。
一般的な冷蔵庫の冷却器は1 つです。
東芝冷蔵庫”ベジータ”は『野菜用冷却器』がもう1 つついているので、
うるおいたっぷりの冷気で、安定した低温が保てるのです。
 
ベジータは野菜室に、
目に見えないような細かい霧を冷気と一緒に送り込んでるんです。
 

(下記、参考にどうぞ・・お宅ではどうですか?)

◆捨てることが多い食べ物は? 
下記のような結果が出ています(ベターホーム協会調査より)
 
・野菜 44.1%
・調味料・スパイス 26.2%
・おかず 23.4%
・乳製品 19.2%
・くだもの 8.0%
・魚介類 7.2%
・肉類 6.2%
・乾物 6.2%