当サイトへの訪問 ありがとうございます。 少しでもお役にたてたら嬉しいです。(^_-)-☆

野菜の保存に効果を発揮するイオン技術

野菜の保存に効果を発揮するイオン技術

今や、いろいろな家電製品で使われているイオン技術ですが、
冷蔵庫にも使われていることはご存知でしょうか?

比較的高級タイプに使われているのですが、
野菜の保存性をアップさせるのにも効果があります。

野菜室の雑菌の繁殖を抑えることで、鮮度を維持し、
栄養価もアップします。

(東芝VEGITAシリーズの場合、
ビタミンC~約43%アップ、
ビタミンA~約20%アップ という実験結果が出ています)

このイオン技術ですが、
各家電メーカーで各々名称が異なります。

東芝・・・ピコイオン
シャープ・・・プラズマクラスターイオン
パナソニック・・・ナノイーイオン

といった具合ですが、
その基本的な働きは同様です。

ただここで必要以上に過信しないで欲しいのは、
冷蔵庫の性能の一番は、食品の保存に最適な温度を安定して維持し続けることです。

ここのところ、家電量販店の店頭であまり聞かれませんよね。
さまざまな理由があるのですが、
ユーザーのためにならないことだけは、確かですね。

ユーザーに有益な情報は、ありのままを伝えて欲しいものです。

まっ、資本主義社会・・儲からないとしょうがないか?・・・(ぼやきでした・・笑)

«  野菜の保存に効果を発揮するイオン技術  »