当サイトへの訪問 ありがとうございます。 少しでもお役にたてたら嬉しいです。(^_-)-☆

東芝 冷蔵庫ベジータの選び方ポイント 2011秋モデルのおすすめトーク~販売員向け

東芝 冷蔵庫ベジータの選び方ポイント 2011秋モデルのおすすめトーク~販売員向け
(選び方ポイント1)
①真ん中野菜室は使いやすい

野菜室がまんなかにあると、
野菜を取り出すたびにいちいち屈まなくていいから、便利です。
料理中の出し入れが多い野菜は、
キッチンと同じ高さの方が使いやすいです。
(選び方ポイント2)
②野菜を入れ忘れてて腐らせた事はありませんか?

東芝の野菜室は、
湿度約95%以上のうるおい空間でできているので、すごく長持ちします!
鮮度が通常の冷蔵庫に比べると約2倍長持ちするので、
今まで3日でしおれていたセロリが約1週間ももつんです!
(選び方ポイント3)
③余った野菜も簡単に冷凍できます!

野菜を冷凍する時、下ゆでをする必要がありません。
簡単な上に野菜同士がくっついて使いづらいなんてこともないです。

なべ料理のときによく余る白菜や大根なども、
冷凍すれば約1ヶ月おいしいまま保存できます!
無駄なく野菜を使い切れるので食エコにもつながります!
(選び方ポイント4)
④野菜の価格が高騰して、野菜を買い控えた事はないですか?

最近は価格が安定して、
長期保存ができる冷凍野菜がすごく注目されてきています。
ベジータならわざわざ買わなくても簡単に冷凍できるので、
安い時に少し多めに買って冷凍しておくと、
いつでも好きな時に使うことができます!
(選び方ポイント5)
⑤電気代が高くなってきた時に意識的に節電でできます!

節電モードのボタンを押すだけで、
自動でやってくれる省エネ運転からさらに、約10%も節電にしてくれます。
食品に影響がない程度に温度をコントロールするので、
より省エネを求められる方におすすめです!

«  東芝 冷蔵庫ベジータの選び方ポイント 2011秋モデルのおすすめトーク~販売員向け  »