当サイトへの訪問 ありがとうございます。 少しでもお役にたてたら嬉しいです。(^_-)-☆

冷蔵庫の選び方→東芝~まるごと鮮度名人の命名の理由

東芝の冷蔵庫には・・”まるごと鮮度名人
なんて名前が付けられていますが、
その名前が付けられた理由というべき優れた機能の紹介です。

この名前が付けられた理由は、食品の保存状態が、他の冷蔵庫に比べて、
とても良い状態で長期間保存できるのです。

では、なぜそんなに良いことが、カタログとか店頭で訴求されていないのかというと、
いわゆる業界のルールによるものらしいのです。
実際の食品の保存期間を他社の製品と比較してこれだけ長いのですと訴求すると、
そのルールに抵触してしまうということです。

その新鮮で長期間の保存を可能にしているのが、
ツイン冷却機”なのです。

おおっぴらに宣伝してませんので、自分で確かめるのが一番いいと思います。
他社も使って欲しい機能なのですが、製造コストがかかるのが嫌なのか、
現在は、東芝しか使っていない機能です。

下記は、そのほかの使い勝手の良さの部分です。

まず…「見渡しやすい!3つのお得」
1、野菜を重ねず収納できるので、どんな野菜がどのくらい残っているのかひと目でわかって便利。
2、奥に埋まったヤ野菜の使い忘れや2度買いの防止に。
3、冷蔵庫を開けるだけで野菜も一緒に見渡せるので、献立が自然と浮かびます。

そして…「取り出しやすい!3つのお得」
1、かがんだりせずに取り出せる高さに野菜が収納出来るので、重たい野菜でも取り出しラクラク。
2、冷蔵室を開ければ野菜も一度に用意できます。
3、扉の開閉回数も減らすので、省エネにも貢献。

最後に…「3段ビッグ冷凍」
1段目:長期保存の食材に→冷凍室を引き出したときに庫内にとどまる設計。
外気に触れにくいので、長期保存の食材を入れるのにピッタリです。
2段目:ホームフリージング→約40℃の冷気で一気冷凍。
うまみをギュッと閉じ込めるから手作りの食材保存に適しています。
3段目:場所をとる食材に→大きめの冷凍食品を入れるのに便利な三段目。
深さがあるので食パンもラクラク収納。右手前には1Lパックも入ります。

————————————–

~冷蔵庫の選び方について、日々の営業活動から感じること ~

冷蔵庫を選んで下さいと、初めから、販売員に聞いてしまう方をたまに見受けます。
では、選び方とは言っても、何をよりどころにしたらいいのでしょうか?
冷蔵庫の
様々な性能,
使い易さ,
ランニングコスト などなど。
まだまだ、他にもたくさんあると思います。

選び方についての捉え方が大切になるのではと思います。

選び方としての考え方は、冷蔵庫をイメージしてみると、下記のようなものが考えられます。
どの会社が生産し、
性能はどの程度で、
購入後の安心感は ・・他・・。
このように、簡単に思えるようなことですが、
考えるべき事柄がとても多いのに気づかされます。

“冷蔵庫の選び方”~この結論を誰が選択し、
その結論は何を拠り所としているかも大切なことでしょう。

選び方といってもよくわからないという方が多いのは事実ですが、
少しでも選択に自分の考えが入れば、満足度も上がると思います。

とはいっても、用語が専門的で、その用語の説明書き自体がなんのことか解りにくいのを感じます。
そこで、一般的には販売店に出向き、
販売員の方に選んでもらったり、説明してもらうわけですね。

その時に、少しでも基礎知識を身に付けていると、理解しやすいですね。

ワンポイント知識として紹介しますので、少しでも役に立てば嬉しいです。

«  冷蔵庫の選び方→東芝~まるごと鮮度名人の命名の理由  »