当サイトへの訪問 ありがとうございます。 少しでもお役にたてたら嬉しいです。(^_-)-☆

冷蔵庫の自動製氷機 製氷皿の取り外しの可否

冷蔵庫の自動製氷機 製氷皿の取り外しの可否
 
冷蔵庫の自動製氷機の製氷皿の取り外せるタイプと
取り外せないタイプがありますが、
当然取り外せるほ方が良いとお考えですか?
 
では、取り外せない冷蔵庫は、
なぜ取り外せないか考えてみたことがありますか?
 
取り外せたほうが、洗えるので衛生的…と考え、
メーカーもそのように訴求します。
当然ながら、ユーザーの声に素直に従ったのですから、
これはこれで良いのですがね。
 
さて、製氷皿が取り外せないメーカーの場合、
東芝の冷蔵庫が代表的ですが…
製氷皿が取り外せない理由は、下記のとおりになります。
 
自動製氷機ですから、氷が出来上がったのをしっかりと見極めなければいけませんね。
そのためのセンサーを、自動製氷皿に取り付けてあります。
 
そのセンサーが、水が氷になったタイミングを正確に把握します。
つまり、無駄な時間がかからないということです。
 
これに比べ、製氷皿がはずせるメーカーの場合は、
製氷皿にセンサーを直接取り付けることが出来ません。
では、どうやって氷が出来たのを見極めているのでしょうか?
 
答えは、あらかじめ氷が出来る時間を計っておき、
その時間で、氷が出来たと判断するのです。
この場合は、確実に出来たのをセンサーで見極めているわけではないので、
余裕を持った時間設定にせざるを得ません。
 
つまり、氷が出来ているのに、製氷皿から製氷ケースへ落下させることが出来ないのです。
 
こんな具合に、製氷皿の取り外しの可否については、
おのおのメリットデメリットがあります。
 
より速く氷が出来、節電できるのは、東芝の方式になりますが、
取り外せない分、衛生が気になるところです。
 
これについては、
全く問題ないと考えてください。
 
氷点下という温度では、雑菌が繁殖できず、
また、イメージ的に心配ということについても、
製氷皿自体に、抗菌剤を練りこんであります。
 
お客様の声を大切にし、機能を考慮した結果、
現在の東芝冷蔵庫の自動製氷皿は、取り外せないのです。
 

«  冷蔵庫の自動製氷機 製氷皿の取り外しの可否  »